柿沼優貴かきぬまゆうき

企画・制作・進行管理

コミュニケーションデザイン部門

2011年入社

お客さまから自分宛に連絡がくるんですよ。担当を終えて数年も経ってるのに。

お客さまに対してうざいほど応えていく

最近、数年前に常駐していたお客さまのオフィスに、
いまも自分宛の電話がくるという話を伺いました。
「ゼロインさんとのお仕事が終わって柿沼さんがいなくなってから、
 当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃなかったことに気づいたよ」
そんな言葉をお客さまからいただき、常駐していた自分たちと、
ゼロインという会社の価値を感じてもらえたと実感できた。
本当に嬉しかったですね。
お客さまの要望に、どこまで応えられるか。
それを僕はいつも考えています。
お客さまが「そこまで!?」と恐縮してしまうくらいのおせっかいさで
要望に対して120%、時には150%で提案します。
今では当たり前ですが、僕自身も入社当初は、先輩たちを見て
「え!そこまでするの?」と思うことがよくありました。
それほど目の前のお客さまに全力で向き合える。
そこにかなり魅力を感じています。

すべての人の喜ぶ顔を想像する

もともと自分が何をやりたいとか、将来どうなりたいとか、なかったんですよ。
アルバイトで入社して、最初の配属は、お客さま先への常駐で、
その会社の従業員向けに総務サービスを提供する「なんでも屋さん」。
何かあればお客さまが自分のところにきてくれるのが嬉しくて、
できることを最大限やろうと思って対応していました。
その後、オフィスの移転や働きやすいオフィスづくりの仕事を経験し、
現在は社内コミュニケーション施策の制作を担当しています。
お客様の会社の社員さん一人ひとりが会社の目指すものを理解し、
会社を好きになるために、どんなイベントを創ればいいか、とても悩みます。
目の前の担当者さん、経営者の方、参加する社員さんたちが、
どうすれば喜ぶかなと考えながら仕事をしています。
人が好きなので、相手の喜ぶ顔を想像するのはとても楽しいです。

すぐに結果は出ないけど、今が一番楽しい

この仕事は、結果がすぐに出るわけではありません。
もちろんイベントの満足度やメッセージの理解度といった結果は出るのですが、
社員さんの行動が変わったとか、その会社の業績が伸びたといった、
本質的な成果が得られるまでには、いろんな施策が必要だし時間もかかります。
最近は社内イベントをやりたいというお客さまが本当に多く、それに応えていくのに必死です。
でも、お客さまの要望が上がれば上がるほどやりがいを感じるので、今が一番楽しい。
今やっていることが未来に繋がっていると、信じられるんです。
だからこれからもお客さまに全力で向き合い、
ゼロインのみんなと一緒に世の中を盛り上げていきます!

PROFILE

埼玉県羽生市出身。亜細亜大学卒。
学生時代は県人会連合会に所属し、大学に支援してもらいながら、
学生向けのイベントを企画・実行していました。
趣味は神社巡りです。

学生へのメッセージ

ゼロインには、人が好きな人が多い。
人の気持ちを考えられて、目の前の人の悩みを深堀りすることができる人、
お客様に寄り添っていける人が活躍しているように思います。
ただ、お客様の悩みや要望に柔軟に対応しつつも、
ゼロインとして譲れない部分については、恐れずお客様に伝えることも大切です。
社内コミュニケーションのプロフェッショナルとして、
より良いご提案をするのが、私たちの仕事です。
そうやってお手伝いしたお客さまがイキイキとして、
その姿を見た僕たちもイキイキして、日本一楽しく働く。
そんな理想に向けて、一緒にやっていけたらと思います!