鶴岡将大つるおかまさひろ

企画営業(新規担当)

オフィスサービス部門

2015年入社

「総務」は会社を元気にできる存在。その価値をもっと高めたい。

総務は、経営方針を実現し、社員満足をつくる戦略部門

「総務」っていうと、社内調整や雑務をこなす裏方というイメージがあるかもしれません。
もちろんそういう部分はあるのですが、本来もっと経営に近いところで、
会社の要として影響力を発揮できる部門なんです。
でも日常業務や日々発生する突発的なことへの対応もあり、なかなかそこまで手がまわらなかったり、
人によってやり方が違うなど効率化されていない会社が多いのが実情です。
そういうお客さまの総務業務を整理し、見える化・数値化して、改善や効率化策をご提案したり、
誰でもできる業務はマニュアル化したり、アウトソース化してサービスレベルを担保し、
その会社の総務の方々がもっと重要な業務に注力できる状態を提供する。
重要な業務とは、例えば、社員がイキイキ働ける環境を創ることです。社内風土のマネジメントですね。
総務の方々をそういった本来の仕事に注力させることが私の仕事なんです。

一度失注したお客様と契約できたワケ

ゼロインのサービスは、それまでお客さまが社内でやっていることに、
わざわざお金をかけて導入してもらい、総務の方々にも変化してもらう必要があります。
なので自分がお客さまにその価値をいかにお伝えし、納得していただけるかが非常に大切です。
実は新人だったとき、自分の説明不足で失注してしまったことがありました。
ただ、お客さまの思いを本当に叶えられるのは自分たちだという信念はあったので、
失注後も、どうにかサービスの良さをきちんと伝えたいと通い続けました。
その結果、2年目になって契約をいただくことができたんです!
実際に導入1ヶ月で、お客様からもサービスについて良かったという声を頂きました。
自分の関わり方次第でサービスの質を高められるのはすごくおもしろいです。

ゼロインの創業事業でお客さまを元気に。

今の社長が一人で創業した約20年前、総務アウトソーシングは日本初のサービスだったと聞いています。
日本で当たり前ではなかった頃から、先輩たちが事業を育て、今はこうして進化している。
その新規営業担当として、バトンをつないでいく責任の重さを感じています。
ただ、「総務から会社を元気にする」という創業から続く思いにはとても共感していて、
この1年携わって、実際にそれができるサービスだと実感しています。
すごく意味がある事業だと信じられるから、仕事にも本気になれるし、没頭できる。
自信を持って、このサービスをもっと多くのお客様に伝えていきたいと思っています!

PROFILE

北海道出身。小中はニセコ、高校は札幌。その後、中央大学に進学。
ゆくゆくは地元の北海道でゼロインの仕事ができる土台を創っていきたい。
そのためにも、新人でもきちんとお客さまに商品の価値を伝えられるよう、
商品の型を固めて、もっともっと磨いていきます。
この仕事は全国に展開していく価値があると信じています。

学生へのメッセージ

学生時代は『ビッグバンドジャズ』に没頭していました。
ビックバンドは、個人ではなくみんなで創り上げる音楽です。
そこがおもしろさであり、難しさでもあり、
部長として、チームのみんなとコミュニケーションをいかにとるか、
どうすれば組織力が高まり、成果が出せるのか、
音楽の中でつねに探し続けていました。
ゼロインで組織について学び、考えるようになり、
今だったらもっとチームをよくできただろうなーと思いますね。
自分のように、部長やバイトリーダーとして、
組織について真剣に考えている人は、ウチの仕事って、とても面白いと思いますよ。